間島円氏 オリジナル和傘

  • 紺地に蛇の目くずし
  • 黄緑に蝶
  • 紫 ぼかし
  • 白地 柳にツバメ
  • 黒地 裏に柳
  • 朱助六 水桜
  • 黒助六 源氏香
  • 大傘(さしかけ傘)
  • 黒
  • 縁に朱 白地に牡丹
  • 緑 市松
  • オレンジ 薬玉
  • 朱 市松
  • 水色 薬玉
  • 手絵 桜に

※クリックすると詳細がご覧いただけます

展示会場のようす

  • 展示会場のようす1
  • 展示会場のようす2
  • 展示会場のようす3
  • 展示会場のようす4
  • 展示会場のようす5
  • 展示会場のようす6
  • 展示会場のようす7
  • 展示会場のようす8
  • 展示会場のようす9
  • 展示会場のようす10

※クリックすると写真が拡大します

お客さまからいただいた和傘のデザイン紹介

和傘プレゼント企画は、神奈川県の村上様のデザインが当選いたしました!
村上様には、ご自身でデザインいただいた和傘を贈らせていただきました。おめでとうございます!

  • 村上様のデザイン
  • 完成した和傘

デザインを決定した間島円氏からのコメント

間島円氏今回は黒にドクロのデザインに決定しました。「ドクロ」は、若い方のファッションでモチーフとしての人気があり、「ドクロ」の和傘を作ってみてはという提案を今までにも何度かいただいたことがありました。ただ、やはり伝統工芸という分野にドクロをモチーフとして取り入れることはなかなか勇気のいることでした。

日本の文化として「ドクロ」のモチーフは古くからあったそうです。昔は、日本でも日常的に人の骸を見ることがあり、「野ざらし文」と呼ばれていました。「生まれた人間はやがてほろんで骸になり土と返る。しかし、魂は永遠に続き、また、真実の愛へ導かれていく」という教えをドクロから人々は受け取ったようです。

今は、手ぬぐいなどにも「どくろ」文様が見られます。私も、この展示会、そして、お客さまの提案を機会に「ドクロ」文様にトライしようと思い、このデザインに決めさせていただきました。

お客様にご応募いただいた全デザインはこちら

展示内容紹介トップへ戻る