手絵 桜に (雨傘) ~間島円氏 オリジナル和傘~

埼玉県小川町で漉かれた純楮の手漉き紙を使用。手描きによる桜の意匠。山の神が里に帰ってくると同時に咲く桜は「恵み」の象徴。また、「散らし文様」には悪いものを蹴散らすとの意味も込められとても縁起の良いものとされてきました。桜は季節を問わず、お着物で、洋装でお使いいただける意匠です。

展示内容紹介へ戻る