黒 (雨傘) ~間島円氏 オリジナル和傘~

埼玉県小川町で漉かれた純楮の手漉き紙を使用手染めした紙と市松文の組み合わせ。別名石畳文とも言われ、江戸中期に上方歌舞伎の佐野川市松が舞台衣装の袴に用いて女性の間で大流行となった意匠です。

展示内容紹介へ戻る