白地 柳にツバメ (雨傘) ~間島円氏 オリジナル和傘~

埼玉県小川町で漉かれた純楮の手漉き紙を使用。燕、柳ともに春を告げる、また、春の復活の象徴とされ縁起の良い意匠とされます。また、春に渡来しつがいで子育てをする燕は家庭円満、幸せの象徴ともされました。

展示内容紹介へ戻る