保正友里

保正友里氏について

今までの革のイメージを覆すため、新しい方法で色彩の美しさや深みを追求することをコンセプトにSoso ayanasuを立ち上げる。Soso ayanasuは「趣があるようす。美しい模様をつくり彩る」という意味を持つ。京都の伝統技法「京鹿の子絞り」によって染め上げられた鹿革を用い、独特のアイディアとデザインによって、革の可能性を広げるような製品をつくっている。

Soso ayanasu -SHIBORI- 公式WEBサイト

主な活動

1988年
長野県生まれ
2009年
文化服装学院バッグデザイン科を卒業、Y&Y CORPORATIONに入社
2012年
Soso ayanasu -SHIBORI- をスタート
2013年
セレクトショップ drama(H.P.FRANCE)より販売スタート
大丸東京店を皮切りに全国の百貨店や、エキュート、LUMINE等でのイベントを約月1回のペースで実施(現在も継続中)
roomsSHOP(H.P.FRANCE)にて取り扱いスタート
イタリアで開催された世界のバッグ展示会「MIPEL」出展
大丸東京店「大丸江戸出展270周年記念 mono語り」に選出される
2014年
世界のバッグ雑誌「ARPEL no.198」に掲載される

一覧へ戻る